刺青とヤクザ

日本ではタトゥー=ヤクザのイメージが今でも根強く残っています。刺青を入れている人はみんなヤクザ者なのでしょうか?このような偏見は一体どこからやってきたのか、このページでは簡単に解説していきます。

映画による影響

主な原因として、1960年から人気を博した任侠映画の影響が強いと思われます。当時はただの娯楽映画として楽しまれていましたが、いつの間にか和彫りはヤクザ者の証であるといった印象が広く浸透していきました。

描写に過剰な嘘があったわけではないですが、江戸時代から大衆文化として発展していった和彫りのよくない側面だけがフューチャーされたのは間違いないです。その後の1980年代にはヤクザの抗争が激化し、一般人を巻き込む事件が起こったのもそのイメージに拍車をかけました。