タトゥーと温泉

日本の温泉施設では、タトゥー・刺青お断りの文言を掲げているところが多々あります。これもやはり、タトゥー=ヤクザ者のイメージからくる誤解でしょう。

いつまでタトゥーを悪者扱い?

こういった文言を掲げるぐらいなら、正々堂々と暴力団お断りと書くべきなのです。しかしヤクザがリアリティをもって存在していた時代には、そういったことを真っ直ぐに書くことができなかった施設がほとんどだったのです。

いまでこそ少しづつ緩和されてきた規制ではありますが、タトゥーの偏見に一役買った悪しき風習だと思います。海外からの観光客が増えた昨今、こういった規制は今すぐに緩和するべきです。しかし、観光業のためではなく、経済の関係のないところで人々の偏見が改善されるべきではないでしょうか。